++ 型染めきもの すずしろ ++  

独学で型友禅染めを学び、アンティーク着物の柄の復刻をしています。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

明日からのハコイチで新色&新シュシュ!

毎度前日更新で情けない私…うぅ。
 
とりあえず明日持っていく新色と余り布シュシュでーす。
新色は渋い赤。
写真で上手くこの色が出てるか難しいですが、蘇芳(スオウ)とか暗紅色とかが近いかも。
地紋もかなり素敵なお気に入りの生地に染めてみました。
でも横幅がすごーーく縮んでしまったので、いつもより枚数が取れないのが残念なところ…(T_T)
今回の分は半襟2枚と帯揚げ1枚です。
 
昨夜からいきなり、いつもの微熱よりも結構体温が高くなって、もしやドタ欠席することになるかと焦りましたがなんとかいつもの微熱くらいまで下がって落ち着きました。
インフルエンザじゃなくて良かった~!
 
明日はバシッと参加できるよう頑張ります♪
 

スポンサーサイト

  1. 学び
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

和塾『所作教室』第一回報告~


以前ちょっとだけ日舞を教えていただいたことのある花柳瀧紅先生の
新しいおけいこ場へやっとお邪魔することがかないました

今回は日舞ではなく『所作教室』です。
たまたまたなえりさんと一緒だったので、より楽しかったです。
下の写真もたなえりさんからいただきました♪

この所作教室は全2回で、
それぞれの髪型や体型や好みに合った魅力的な着付けのコツと、
着物に合った立ち居振る舞いを教えていただけるというコース。

これはひとまず着付けは出来るようになっているけれども
もっと素敵に着こなしたい人に力強くオススメします

ちなみに私が日舞に通っていたのもこの理由だったんですが、
実はその頃は、着付け自体には大して興味が無くて
説明もあまり身を入れて聴いていなかったんですよ……
本当に勿体無いことでした…すみません

そんな私も今更ながらにバッチリ綺麗に着る着付けにも
興味が出てきたわけです。
そして踊りの動作としての教えではなく、
日常の中での活かし方を知りたくなって申し込みました。

第一回の今回は着付けのコツがメイン。
着ていった着物も帯も解いて、襦袢の着付け方から教えていただきました。
20110114_1636606.jpg
この写真、瀧紅先生の着物の裾が足にぴたっと張り付いているかのように
先つぼまりになっているのがよくわかりますね~。
これが理想の形です。
細く色っぽく見えるのです。

着付けの後は、姿勢や、座ったり立ったりの基本的な所作。
動きとしてはだいたい日舞のときにも習ったものでした。

習ったものでした。




……でした






習っていた期間もたった2~3年だけで、
更にそれから数年が経ってしまっているので、
運動神経の鈍すぎる私の体はやはりいまいち動かなく……(笑)


「覚えている」や「知っている」と、「出来る」とは大違い。


こういう所作を一通り習っても、私みたいなタイプが
それを出来るようになるにはやっぱり練習が必要そうです…。

となると、やっぱり日舞のお稽古にまた通いたいですね~~。
私は通い続けないと自主練もしなくなっちゃうし…

踊りって、観客に美しいと思ってもらえるように
ずっと洗練され続けてきたものだと思うので、
そういう客観的に美しく見える形、角度、動きを、
体に覚えさせるために練習を繰り返していくと
普段の所作も自然と綺麗になる

という素敵な流れが出来るわけです


ああ、でもそのためにはお財布と体調にもっと余裕を持たなくては!
頑張ります!!


そしてこの日のコーデ紹介~。
実はこの格好で、所作教室の前に歯列矯正の歯医者さんにも行ってきました(笑)
驚かれました(笑)
治療中は雨ゴート着用でしっかりガード!
DSCF2599.jpg
着物は小豆色の紬の無地。
合わせやすく使いやすいお気に入りです。
まともにおはしょりが作れるくらい身丈が長い着物なんて
私はあんまり持ってないので、何を着るか悩みました。
ポリは寒そうなのでやめたんですが、次回はもう諦めてポリ着物にしようかな。

帯の柄は、竹というより笹の葉でしょうか。
お太鼓の写真も撮ってないからわかりにくいかも。
色柄が無駄に大きくてどギツくて大好きと思ってましたが、
着物と合わせてみるとそこまで派手じゃないのでびっくりしました。
半襟は先日も紹介した「蔓立湧(ツタタテワク)~想う椿~」
帯揚げはもっと別の落ち着いた柄が良かったんだけど
とりあえず手元にあったこれをまた使ってしまいました・・・。
帯留めは初詣と同じガラスの箸置き製。

松竹梅にしたかったけど松が足らない…。
あ、竹も微妙?(笑)

  1. 着物姿
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

2011初詣の着物

福岡の冬はあんまり天気の良くない日が続くのが定番らしいですが
年末から特に雨やら雪やら続いてますよねぇ。

なのでウールの着物にしました。
場所はご近所、香椎宮です。

でも着物はウールでも帯と羽織は正絹…。
羽織は確かじゃないけど。
意外とこの日はまあまあ晴れていたのに
移動中にちょっと雨がぱらついたので困りました。

DSCF2571.jpg

元旦はヘタレて家の中に引きこもったままダラダラしてまして
2日に彼氏の親戚の集まりにちょいとお邪魔してから参拝。

なので、すっきりと可愛らしい感じのコーディネートにしてみました。

DSCF2574.jpg
しかし自分撮りが下手ですね
体が斜めになってるから帯留めもずれて見えるし、羽織の柄もわからないし。

半襟は先日からキモノモダンさんで扱っていただいている白地のちりめん生地に赤のツタ立涌。
着物はモノクロ水玉柄のウール。
羽織はお召しと銘仙の中間みたいな手触りの梅柄ピンク。
帯は博多帯っぽい手触りだけどよくわからない半巾帯。
帯留めはガラスの箸置きに帯留め金具を接着したもの。
帯締めは羽織の水色に近いピーコックグリーン。
足袋は薄いクリーム色のレース足袋です。
もちろん中にタビックスを2枚重ね履き!

  1. ひとりごと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

改装


背景をお正月柄から変更したついでに、『ご案内』を右に移動してみました。
やっとこれですっきりしたわー

でもなかなか表示が上手くいかなかったりして時間がかかりましたよ。

初詣の記事をアップしようと思って設定画面を開いたはずのに…
おかしいなぁ。


  1. 染め
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

『キモノモダン』さんで半襟置いていただいてます


明けましておめでとうございます!!

数日前までは年明けは吹雪の予報だった福岡市内ですが、
結局普通に曇りのち雨、の元旦となりましたね。

お正月にぴったりな色の半襟をキモノモダンさんで扱っていただいています。
DSCF2561.jpg
手染め型友禅半衿「蔓立湧(ツタタテワク)」~想う椿~

正絹の縮緬生地ですが、他の作品と同じく手洗い可能です。
半乾きの状態でアイロンをかけてください


そういえば昨夜は夜22時頃から窓の断熱シートを貼る作業を始めちゃいまして
深夜2時くらいまで続けてました。
そんな年越しでした。
明けて本日は、靴下のつま先に開いた穴をつくろって過ごしました。
そんな元旦でした。

つつましい生活っぽい雰囲気が、ちょっとだけ面白いかも。

でもまぁ、もっと前に済ませておけ~、という感じですよね。
作業が長引いたおかげでカウントダウン初詣に行き損ねたので
この日だけオールナイト営業だった『はぐはぐ家さん』にも行き損ねてしまいました…。
うう、残念。

あ、一応お雑煮食べたりしてささやかなお正月気分も味わってます。

ちなみにつくろったその靴下は「シルクふぁみりぃ」の絹コットンの5本指靴下580円。
つくろいに使ってる糸も絹糸。
つつましいような贅沢なような。




NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ご案内


・イベント出展予定

活動休止中

プロフィール

涼白(スズシロ)

Author:涼白(スズシロ)
型友禅染め作家。
福岡在住。
群馬出身。
キモノを着るのが好き。
美味しいもの好き。
漫画好き。

ハンドルネームに『諒』『りょう』も使ってます。

花が咲くように、美しく魅力的に。
私の心をときめかせる素敵な布たちが、あなたの着物を楽しむ手助けになりますように。

QRコード

QR



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。